「蛙水滴」 相場るい児/作
「蛙水滴」 相場るい児/作

¥ 22,000

作品サイズ/全長約8cm 幅約6.2cm 高さ約4cm

素材/陶




相場るい児さんによる蛙を意匠にした陶の水滴。
水は口から注がれます。

水滴として実用もできますが蛙の陶人形として愛でたり、
口の部分に花を挿してちいさな一輪挿しとして楽しんだりも。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「蛙一輪挿し」 相場るい児/作
「蛙一輪挿し」 相場るい児/作

¥ 22,000

作品サイズ/全長約12cm 幅約9.5cm 高さ約5.6cm

素材/陶




相場るい児さんによる蛙の一輪挿し。
背中に空いた丸い穴に草花を挿したり口に挿したり。

ぷっくりまるまる膨らんだボディがキュートな作品。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「兎水滴」 相場るい児/作
「兎水滴」 相場るい児/作

¥ 22,000

作品サイズ/全長約9cm 幅約5.5cm 高さ約4.5cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の水滴。
こちらは白兎を意匠にしたもの。
水は口から注がれます。

水滴として実用もできますが兎の陶人形として愛でたり、
口の部分に花を挿してちいさな一輪挿しとして楽しんだりも。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「白兎(オッドアイ)」 相場るい児/作
「白兎(オッドアイ)」 相場るい児/作

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12.5cm(耳先含) 幅約7.6cm(耳先含) 奥行き約6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
本棚の隅や机の上に気軽に飾れるかわいらしいサイズ感。

左右の目の色が違うオッドアイの子。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「兎(ニホンノウサギ)」 相場るい児/作
「兎(ニホンノウサギ)」 相場るい児/作

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12cm(耳先含) 幅約8cm(耳先含) 奥行き約6.5cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
本棚の隅や机の上に気軽に飾れる、手のひらサイズのかわいらしいボリューム。

こちらはニホンノウサギを意匠にしたもの。
目のまわりが白く抜けた特徴的な子。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

 「兎(黒)」 相場るい児/作
「兎(黒)」 相場るい児/作

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12cm(耳先含) 幅約6.4cm(耳先含) 奥行き約6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
このタイプではまだ珍しい黒の兎。
手のひらに乗るくらいの大きさで、
机の上や本棚の隅などにちょこんと置けるかわいらしいサイズ感です。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「兎(ニホンノウサギ)」 相場るい児/作
「兎(ニホンノウサギ)」 相場るい児/作

SOLD OUT

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約11.6cm(耳先含) 幅約7cm(耳先含) 奥行き約6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
本棚の隅や机の上に気軽に飾れる、手のひらサイズのかわいらしいボリューム。

こちらはニホンノウサギを意匠にしたもの。
黒目がちな為、いつもよりキュートさが増しています。※私見
このタイプでニホンノウサギの意匠は今回がはじめての制作。

相場さんの作品は全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「兎(白)」 相場るい児/作
「兎(白)」 相場るい児/作

SOLD OUT

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12cm(耳先含) 幅約7.8cm(耳先含) 奥行き約6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
手のひらに乗るくらいの大きさで、
本棚の隅や机の上に気軽に飾れるかわいらしいサイズ感。

全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「サボテンクマさん」 ヒラノネム/作
「サボテンクマさん」 ヒラノネム/作

¥ 110,000

作品サイズ/ 全長約44cm 幅約30cm

素材/ 石塑粘土 木粘土 和紙 布 造花



人形作家のヒラノネムさんの作品。
ぬいぐるみのようなシルエットのクマの球体関節人形。
サボテン+クマ、という作品。

全体は粘土で造形の後に色和紙を貼りこんだ作り。
地色のグリーンと棘のイエローは和紙の色。
ペイントはアクリルで最小限に留め、色和紙本来の風合いを立てた仕上げになっています。

頭部と手足が可動する他、
全身の棘、耳とマズル、尻尾も可動。

目の部分から出ているのは造花。
涙のようにもサボテンに咲く花のようにも見えます。

ボリュームはありますが見た目ほどには重くないので持ち運びに苦はありません。
紙の繊維が心地よく残る手触りはとても魅力的。

自立はしますが、椅子など、背もたれのある場所に飾る方が良いかと思います。

このサボテン動物はシリーズになっており、
クマの他にウサギも制作しています。


「よる桃さん」 ヒラノネム/作
「よる桃さん」 ヒラノネム/作

¥ 44,000

作品サイズ/ 全長約25cm

素材/ 石塑粘土 木粘土 和紙 ビーズ ラインストーン リボン 他



人形作家のヒラノネムさんの作品。
亀の女の子。
体に巻きついているのはお友達のヘビちゃん。

粘土で本体を造形し色和紙を貼りこんだ仕上げ。
本体の黒や肌は和紙の色。
お顔などはアクリルペイント、甲羅の溝にはラメペイント。
頭部や手足にライストーンの飾りがあります。

専用のボックスやクッションが付属します。
(ボックス内に人形を収納することはできません)

「あまみず(中)」 江村あるめ/作
「あまみず(中)」 江村あるめ/作

¥ 19,800

作品サイズ/ 全高約6.3cm 最大幅約4.5cm 奥行約5.2cm

素材/ 粘土 和紙 樹脂 砂




回文も手がける人形作家、江村あるめさんによる連作小品
『あまみず』のひとつ。
『あまみず』は雨粒を意匠にした滴型の人形。
制作初期の頃から作り続けている、江村さんのアイコン的なシリーズ。
こちらは2020年8月に発表された中サイズのあまみず。
細長の単眼タイプ。
横顔が綺麗で知的な印象、と作家に紹介されたひと。

粘土で成形した本体に和紙貼りの仕上げ。
本体は中空、砂を詰めて重さを出しています。
目はオリジナルの人形義眼。
アクリル彩色。


画像12枚目は小サイズのあまみずとの比較です。
(小サイズは個人蔵)

「かぼちゃインコ」 江村あるめ/作
「かぼちゃインコ」 江村あるめ/作

¥ 14,300

作品サイズ/ 全高約13cm

素材/ 粘土 和紙 等




回文も手がける人形作家、江村あるめさんによる連作小品のひとつ。
ペポカボチャ+インコ。
2020年のハロウィンの時期に生まれたあらたな連作小品。
2017年からスタートした連作小品『くだものインコ』の親戚みたいなもの。
本体の柄は実在するペポカボチャを忠実に再現したもの。
カボチャインコのシリーズから鳥足をよりリアルに制作する方向に変わりました。
中空構造なので重量感はありません。

本体は粘土に和紙貼りの仕上げ。
アクリル彩色。

「パンプキンブラザーズ No.1 Cheers(乾杯)」 江村あるめ/作
「パンプキンブラザーズ No.1 Cheers(乾杯)」 江村あるめ/作

¥ 19,800

作品サイズ/ 約7cm×7cm

素材/ 粘土 和紙




回文も手がける人形作家の江村あるめさんによる連作小品
『パンプキンブラザーズ』のひとつ。

『パンプキンブラザーズ』は江村さんが人形作家になる以前、
2006年頃に趣味で制作したカボチャの作品群が初代にあたる。

人形作家として活動するようになってからも、
2007年~2009年に同シリーズは制作されています。

今回の『パンプキンブラザーズ』はハロウィンをテーマにした江村さんの小品展に寄せたもの。
久々の制作となる今作は、原点回帰しつつ、今現在の江村あるめも加味された秀逸の仕上がりに。

全13体が収穫(制作)された内の、こちらは1番最初のひと。
はじまりのカボチャ。
はじまりの合図は乾杯から、との意でこのサブタイトルが付けられています。
このカボチャの顔立ちが気に入ったことで、続く12体が生まれました。

粘土で本体を造形した後、和紙を貼りこみしあげています。

このシリーズはボディのどこかが開口し中が空洞であることを示しています。
Cheersは片目が抜けています。
抜けた片目は背面に。

2020年に制作された『パンプキンブラザーズ』には特製ボックスが付属しますが、
この箱のパッケージに描かれているのはこのひと。
箱のイラストは全て江村さんが描いたもの、
箱の天面には作品タイトルと作家サインが直筆で入っています。

特製ボックスの他、江村さんお手製の座布団とサンタ帽が付属。
乾杯用のワイングラス(樹脂製の既製品)も。

ハロウィンとクリスマス、連続するふたつのイベントをこなせるカボチャになりました。

「パンプキンブラザーズ No.11 Two stories(二階建て)」 江村あるめ/作
「パンプキンブラザーズ No.11 Two stories(二階建て)」 江村あるめ/作

¥ 19,800

作品サイズ/ 約7.5cm×7.5cm

素材/ 粘土 和紙




回文も手がける人形作家の江村あるめさんによる連作小品
『パンプキンブラザーズ』のひとつ。

『パンプキンブラザーズ』は江村さんが人形作家になる以前、
2006年頃に趣味で制作したカボチャの作品群が初代にあたります。

人形作家として活動するようになってからも、
2007年~2009年に同シリーズは制作されています。

今回の『パンプキンブラザーズ』は、ハロウィンをテーマにした江村さんの小品展に寄せて、久々に制作されたもの。
原点回帰しつつ、今現在の江村あるめも加味された秀逸の仕上がり。

全13体が収穫(制作)された内の、こちらは11番目のひと。
目が縦に並んでいることからTwo stories(二階建て)の名に。

このシリーズはボディのどこかが開口し中が空洞であることを示していますが、
このカボチャは背面にある目の片方と、両方の鼻の穴が開口部になっています。
13兄弟のうち、鼻の穴が貫通しているのはこのひとだけ。

2020年に制作された『パンプキンブラザーズ』には特製ボックスが付属します。
箱のイラストは全て江村さんが描いたもの。
箱の天面には作品タイトルと作家サインが直筆で入っています。

特製ボックスの他、江村さんお手製の座布団とサンタ帽が付属。
乾杯用のワイングラス(樹脂製の既製品)も。

ハロウィンとクリスマス、連続するふたつのイベントをこなせるカボチャになりました。

「羽化」 江村あるめ/作
「羽化」 江村あるめ/作

¥ 220,000

作品サイズ/全長約60cm

素材/石粉粘土 和紙 麻紐 テンペラ




人形作家の江村あるめさんによる2012年の作品。
何か美しいものが羽化した後に残された抜け殻のイメージ。
抜け殻なので内部は空洞。
かさりと乾いた見た目どおりの手触りはやけに心地よい。
肩甲骨の部分には細い麻紐を束にして括り付けてある。
これは天使の翼のようなもの。

人形本体を粘土で制作した後で和紙を貼りこみ、
テンペラ彩色で仕上げられている。

「招き猫(黒)」 相場るい児/作
「招き猫(黒)」 相場るい児/作

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12cm 幅約5.4cm 奥行き約5.6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の招き猫。
手のひらに乗るくらいの大きさ。
机の上や本棚の隅にちょこんと置ける、かわいらしいサイズ感です。

全て手びねりで制作されている為、
定期的に発表される招き猫も時期によりお顔や体型、大きさなど微妙に違ってきます。

「招き猫(ハチワレ)」 相場るい児/作
「招き猫(ハチワレ)」 相場るい児/作

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約11.4cm 幅約5cm 奥行き約5.8cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の招き猫。
手のひらに乗るくらいのサイズ感はとてもかわいらしく、
机の上や本棚の隅にちょこんと置ける猫ちゃんです。

こちらはハチワレ模様の子。

全て手びねりで制作されている為、定期的に発表される招き猫も時期によりお顔や体型、大きさなど微妙に違ってきます。

「立猫(白)」 相場るい児/作
「立猫(白)」 相場るい児/作

¥ 33,000

作品サイズ/ 全高約18cm 最大幅約6cm 奥行約15cm

素材/陶




陶芸作家の相場るい児さんによる猫の陶人形。
オッドアイの白猫。

相場さんの作品は型や轆轤を使わず全て手びねりで制作されている為、
意匠が同じでも個体差があり、
全て一点ものとなっています。

「立猫(黒)」 相場るい児/作
「立猫(黒)」 相場るい児/作

¥ 33,000

作品サイズ/ 全高約18cm 最大幅約6cm 奥行約15cm

素材/陶




陶芸作家の相場るい児さんによる猫の陶人形。
こちらは黒猫。
光沢を抑えた黒の釉薬は手ざわりも心地よく、思わず撫でてみたくなる毛並みのようです。

相場さんの作品は型や轆轤を使わず全て手びねりで制作されている為、意匠が同じでも個体差があり、一点ものとなっています。

「帰蝶」 赤色メトロ/作
「帰蝶」 赤色メトロ/作

¥ 230,000

作品サイズ/全長約85cm

素材/石粉粘土 ガラス 人毛 油彩




人形作家の赤色メトロさんによる2020年の作品。
『帰蝶(きちょう』と題された少女人形。
どこか狐めいた容貌を持つひと。

大粒の双眸は赤色メトロさんオリジナルの人形義眼。
光が溜まると不思議な奥行きを見せる。

場面のある人形ならではの存在感。

「胡蝶」 赤色メトロ/作
「胡蝶」 赤色メトロ/作

¥ 200,000

作品サイズ/ 全長約80cm

素材/ 粘土 人毛 ガラス 柿渋 等




人形作家の赤色メトロさんによる作品。

2020年4月に発表された、赤色メトロさんによるこの少女人形は、
水面に写る月、というイメージで制作された作品。
歪んだような腹部は、たゆたう水面に写りこんだ月の姿を表現したもの。
黒い肌は夜の色、こちらは柿渋を使用することで実現した色です。

薄く開いた瞼の奥には、赤色メトロさんの自作義眼が嵌めこまれています。
背面についた紐は、壁にかけたりテグスを通すことで天井から吊るしたり。
飾り方に幅を持たせる為につけられたもの。
解けば外すことも可能ですが、髪に隠れる部分でもあるので
気にならなければそのままの方が良いかと思います。

「兎(黒)」 相場るい児/作
「兎(黒)」 相場るい児/作

SOLD OUT

¥ 11,000

作品サイズ/高さ約12cm(耳先含) 幅約7.4cm(耳先含) 奥行き約5.6cm

素材/陶




相場るい児さんによる陶の兎。
このタイプで黒の兎は今回がはじめての制作。
手のひらに乗るくらいの大きさ。
机の上、本棚の隅などに。
ちょこんと置けるかわいらしいサイズ感です。

全て手びねりで制作されている為、
制作の時期により顔立ち大きさなどが個々に違ってきます。

「ふたつのじかん」 土谷寛枇/作
「ふたつのじかん」 土谷寛枇/作

¥ 220,000

作品サイズ/ 全長約80cm

素材/ 石塑粘土 油彩 人毛 グラスアイ




人形作家の土谷寛枇(つちやかんび)さんによる少女人形。
2019年に制作・発表された作品。
少女人形が傍らに置く兎のヘッドと少女人形の頭部は付け替えることも可能な作りになっています。
2019年に発表された際、ボディには兎の頭部がセットされていました。
兎であり少女でもある、ふたつの時間の内包を実現した人形作品。
衣装は作家の自作のもの。
2020年11月に開催された第三回個展のメインヴィジュアルに採用。
この個展への出展時に改めてペイントされています。

「Pagina blu」 土谷寛枇/作
「Pagina blu」 土谷寛枇/作

SOLD OUT

¥ 198,000

作品サイズ/ 全長約65cm

素材/ 石塑粘土 油彩 人毛 インタリオアイ(彫り目)




人形作家の土谷寛枇(つちやかんび)さんによる少女人形。
2020年11月開催の第三回個展にて発表された作品。

第三回個展では「一冊の本」をテーマに選び、個展タイトルを冠した作品が表紙。
他の出展作はその本の頁という構成になっており、
こちらはブルーの頁の少女人形という位置づけ。

皮膚を透かす静脈を油彩で表現するなど、たくさんの挑戦が詰まった意欲作。

目は瞳孔の部分をすり鉢状に造形した彫り眼(インタリオアイ)。
Pagina~の一連の衣装は全て、土谷寛枇の自作。